ReLife



ブログ

ブログ

  • 自分に合った靴の選び方

    本日は靴の選び方です。

    ドイツでは、子供が生まれたら靴は必ず、その時の足に合わせたものを毎回はかせるそうです。
    日本では、すぐに大きくなるからということで、少し大きめの服や靴を買うことが多いと思います。
    これはしょうがないことだと思っていますが、あくまでも理想をいえば、誰だって自分の足に合った靴をはきたい。

    そんなときにどこに注目して選ぶといいか?
    を簡単にまとめてみました。

    point1;自分の足指の形はどうなってますか?
    日本人は、足の親指が一番長いパターンが多いのですが、
    第2指が長い人や、第1-3指がほぼ同じ長さの人もいます。
    それによって、靴の先端の形がある程度決まってきます。

    これを合わない靴にしてしまうと、外反母趾などの原因になります。

    point2;踵は安定しますか?
    靴を履いた時に踵が安定していますか?
    横や上下にずれるような感触があると合っていません。
    踵が不安定だと足全体の不安定につながりますので、ここは厳し目でみていただきたいです。

    また、靴の踵をカバーする部分を、ヒールカップといいます。
    これは、小さすぎると踵をカバーするのが弱いとされます。
    踵の大きさに合わせたヒールカップのものを選びましょう。

    point3;足のサイズと合っていますか?
    足のサイズは、足長と足囲を測りましょう。
    そのときに、体重を足にかけて測るより、楽な状態で測ります。
    体重をかけた状態は、足が大きくなるので、そこに合わせると、普通の状態では隙間ができることがあります。

    靴のサイズは、足長+0.5-1.0cmのものを選びましょう。

    point4;靴の底のクッションは硬すぎず、柔らかすぎず
    クッションは、足を衝撃から守るものです。また反発力を高め、歩行を後押ししてくれます。
    クッションが硬い・柔らかすぎは、機能が活かせません。
    目安は、靴の真ん中よりつま先側が少し力をいれて曲がる程度です。(写真の左側)
    簡単に曲がるのは、柔らかすぎます。

    こうした靴は迷うこともあります。
    そんなときは、初心者用のランニングシューズをおすすめします。
    そこで自分の好きなデザインを選んでください。
    ランニングシューズはメーカーで多少の違いはありますが、たいてい足にいい靴です。

    個人的に特におすすめのメーカーは、ニューバランスやナイキ(足の横幅がせまい人)あたりは「はずれ」が少ないと思います。

    詳しくはこちら

  • パニック症について

    本日は、パニック症についてです。
    いぜんのブログで不安症について書きましたが、その中に属する1つの疾患です。

    パニック症は予期しないパニック発作を繰り返し、発作を避ける行動などが1ヶ月以上続くもの。とされます。
    つまり1回のパニック発作は、パニック症ではありません。
    パニック症とパニック障害は同じです。

    疫学;
    100人に1人がパニック症とされています。
    またパニック発作は20%が生涯で経験する割合とされています。つまり5人に1人は、1度はパニック発作を経験することになります。

    パニック発作とパニック症の関係;
    パニック発作を経験した人のうち、1/4~1/3がパニック症に進展するとされています。
    その後、発作が起こるのを怖がる「予期不安」や慣れない場所などを怖がり行けなくなる「広場恐怖」などがおこることがあります。

    発症メカニズム;
    パニック症の全ては明らかとなっていませんが
    脳機能の関与が指摘されています。
    不安感というのは、脳から出る危険信号です。
    そうすることで、身を守ることができます。ですが、パニック症の方はその危険信号が過剰となっている状態です。
    この危険信号は脳からのノルアドレナリン分泌が心臓や肺などに伝わり、動悸や呼吸苦などの身体症状となって現れます。

    早期治療;
    日常生活に支障をきたすので、早期から積極的な治療が望ましいとされています。
    とはいえ、それがなかなか難しいのですが、周りの方の協力が必要です。
    うつと類似する部分もあり、自殺率も高いので、周囲の方の協力も必要です。
    まずは、パニック症自体では死ぬことはない。ということを知ってもらうことが大切です。
    次に最終的な目標は、薬物療法を行わなくても日常生活を制限なく過ごせるようになること。です。

    鍼灸治療は、薬物療法や認知行動療法の補助的なものになります。
    お悩みの方は一度、ご相談ください。

    詳しくはこちら

  • 高め合う肌と脳

    本日は、肌と脳の関係について、最近の知見から。

    受精卵が分化する過程で、内胚葉・中胚葉・外胚葉に分かれますが、
    外胚葉は中枢神経系(脳・脊髄)と表皮に分化します。
    そのためか、脳と表皮には同じような機能が備わっていることが分かってきています。

    私はこれを皮膚-脳相関と呼んでいます。
    このように肌と脳は互いを高め合う関係性になっています。

    肌をきれいにしたければ、脳の機能、特に好奇心などが強くかかわってきます。
    また弾力性のある肌に触れることで、脳は刺激を受け、さらに肌をきれいにしようとします。

    反対に、不満やストレスが多くあると、脳の働きも、肌の働きも弱まります。

    鍼灸は皮膚の刺激をすることで、脳にも働きます。
    ちょっと疲れたな~とかの状態でも、少し刺激を入れることで、元気になれたりもします。

    体を元気にして、脳と肌を高め合う関係を作っていきましょう。

    詳しくはこちら

  • エレクトロン製品の成分からみる安全性

    本日は、当院で取り扱うエレクトロン化粧品の成分チェック結果です。

    エレクトロンシリーズとエレクトロンエブリワンシリーズが展開されています。
    両者は、成分や特徴が少し異なり、
    電子水含有量 エレクトロン>エブリワン
    美容成分含有量エレクトロン<エブリワン

    となっています。

    今回は、エレクトロンシリーズの中で、特に人気のある
    スキンローション(化粧水)
    スカルプトリートメント(頭皮用美容液)
    スキンエッセンスR(美容液)
    スキンクリーム(クリーム)

    の成分をみていきます。

    スキンローション;水、グリセリン、アスコルビルリン酸Naヒアルロン酸Na

    アスコルビルリン酸Na~1990年代に医薬部外品美白有効成分として承認されています。安定型ビタミンC誘導体とも呼ばれ、色素沈着抑制作用(とコラーゲン合成促進・紫外線の抗炎症作用)が報告。()内は確定できる作用ではなく、可能性。皮膚刺激性などの安全性も「ほとんどなし-わずか」とされています。

    ヒアルロン酸Na~保湿成分。正常角質層と同等の含水量を持っています。保湿剤としても短期・長期効果に優れており、皮膚刺激などの安全性は「ほとんどなし」とされています。

    水~エレクトロンでは、電子を含有した電子水を使っているとされます。
    これに関して意見は賛否あるかもしれません。ただ安全性という観点では、問題ないと考えます。

    スカルプトリートメント;水、エタノール、BG、フェノキシエタノール、PPG-6デシルテトラデセス-30、PPG-6デシルテトラデセス-20、クエン酸、香料、クエン酸Na、グリセリン、オタネニンジン根エキスボタンエキスカミツレ花エキス

    オタネニンジン根エキス~古くから育毛・血行促進のある成分として医薬部外品でも認められています。しかしヒトでの報告例は少ない(検証が難しいため)。安全性は「皮膚刺激性ほとんどなし」とされています。

    ボタンエキス~抗炎症・抗酸化・抗菌・血行促進などがあるとされます。特に紫外線の抗炎症・血行促進が今回の目的。安全性は皮膚刺激性などはほとんどないとされますが、詳細な試験データがないとのこと。

    カミツレ花エキス~キク科植物。キク科アレルギーがある人の6割に反応するが、化粧品では原因アレルゲンは除去。

    スキンエッセンスR;水、BG、グリセリン、マルチトール、ペンチレングリコール、ソルビトール、スクワラン、アサ種子油、クダモノトケイソウ果実エキス、アルテロモナス発酵エキス、加水分解ダイズエキス、アーチチョーク葉エキス、加水分解ヒアルロン酸、炭酸水素Na、キサンタンガムクロスポリマー、水酸化K、カルボマー、1.2-ヘキサンジオール、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、ミネラル塩、ヒドロキシエチルセルロース

    アーチチョーク葉エキス~色素沈着抑制・光老化抑制作用。皮膚刺激性・アレルギー性はほとんどなしとされています。

    スキンクリーム;水、エチルヘキサン酸セチル、マカデミアナッツ油、プロパンジオール、グリセリン、ペンチレングリコール、スクワラン、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ホホバ種子油、(アクリル酸Na・アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、BG、アスコルビルリン酸Na、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、ダイズ胎座エキス、加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12-13)グリセリル、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸Na、セラミド1、セラミド3、セラミド6Ⅱ、フィトスフィンゴシン、アロエベラ葉エキス、クダモノトケイソウ果実エキス、白金、加水分解コラーゲン、アーチチョーク葉エキス、サッカロミセス溶解質エキス、ヒトオリゴペプチド-1、ヒトオリゴペプチド-7、ヒトオリゴペプチド-13、ヒトオリゴペプチド-21、ステアリン酸ソルビタン、ジステアリン酸ポリグリセリル-3メチルグルコース、セルロースガム、炭酸水素Na、エチルヘキシルグリセリン、ラウロイル乳酸Na、イソヘキサデカン、フェノキシエタノール、ポリソルベート80、オレイン酸ソルビタン、コレステロール、カルボマー、キサンタンガム

    ヒトオリゴペプチド~成長因子。細胞の増殖などを促進する成長因子。EGF(表皮細胞の成長因子)・FGF(線維芽細胞の成長因子)・IGF(皮膚細胞の生成促進)・TGF(線維芽細胞の成長因子)の4種が配合されている。

    〇〇アスコルビル~ビタミンC誘導体のこと。色素沈着抑制・細胞保護や抗酸化作用・抗炎症作用・抗老化作用が期待できる成分が3種類配合。

    100%安全な化粧品はないですが、最低限の安心につながると思います。

    安全の上に使い心地や期待する効果があります。
    エレクトロン。いい商品です。

    詳しくはこちら

  • 骨粗鬆症の10年予測

    本日は、骨粗鬆症について。
    40歳以降の女性では、骨粗鬆症のリスクが特に高まることが知られています。

    背骨や大腿骨の骨折は、ねたきりのリスクになります。
    早めに対応することが求められますが、骨粗鬆症の診断には、骨密度の測定が必要となります。

    その前に自分で調べることはできないか?
    と思う方もいるかもしれません。

    そんなときは、FRAX®がおすすめです。
    インターネットで検索してもらうと、10年以内の骨粗鬆症の骨折リスクが推測できます。
    これで、必要な方は病院で骨密度検査を行い、そこで投薬治療などを行うという流れになるかと思います。

    FRAX®は、簡単な質問にいくつか、「はい」「いいえ」で答えるだけです。
    気になる方は、一度検索して、回答してみてください。

    やり方が分からない場合は、当院で代わりにお調べします。

    詳しくはこちら