はりきゅうマッサージReLife



ブログ

ブログ

  • 家や職場でできる健康と美容のコツ その3

    本日は、首のストレッチです。

    首の前には、広頸筋という筋肉があります。
    この筋肉が縮こまると、首が後ろに反らせないだけでなく、
    下顎のたるみ、フェイスラインの悩みにつながります。
    ですので、ときどきストレッチすると首がすっきりしてきます。

    方法は、首の下あたりを手で押さえて、首を後ろに反ります。
    手を当てるだけ、筋肉の伸びを強く感じると思います。

    是非、お試しください。

    詳しくはこちら

  • 家や職場でできる健康と美容のコツ その2

    本日も、前回と同じ家や職場などでもできる、ちょっとした健康と美容のコツについて。

    本日は、立っているときの姿勢について。
    立っているときに足の裏のどこに体重が多くのっていますか?
    多くの方が、小指側や踵側だと思います。

    日本人の8割は踵重心だとされています。一方で、欧米人の多くはつま先重心だとされています。
    踵重心だと、実はうまく姿勢を保つことが難しく、姿勢が崩れやすくなってしまいます。

    そこで、つま先重心にする3ステップを紹介します。

    ステップ1;慣れるまでは、足は肩幅よりも広めにとります。慣れたら、普通の状態で大丈夫です。
    ステップ2;両足の踵とつま先が平行になるように揃えます。つま先が外を向いてたりしないように気を付けてください。
    ステップ3;お尻の穴を締めるように、力をいれてください。


    いかがでしょう?
    足の内ももや下腹部に自然と力が入り、足裏の内側(親指側)に体重がのってませんか?
    また、上半身も上へ伸びたような感じがしませんか?
    足の内側やつま先重心になると、体幹のインナーマッスルが刺激されて、姿勢を保つことが疲れにくくなります。

    最初はお尻に力を入れることが大変だったりするかもしれませんが、ぜひ実践してみてください。

    詳しくはこちら

  • 家や職場でできる健康と美容のコツ その1

    本日は、家や職場などでもできる、ちょっとした健康と美容のコツについて。

    椅子に座ってご飯を食べたり、パソコンをしたりする機会はあると思います。
    そんなときに座り方で、体が凝る・顔がたるむってことを知っていますか?

    座る時間が長いほど、悪い座り方による影響は強くなっていきます。
    どうせなら、体が凝りにくい・顔がたるみにくい座り方をしてみませんか?

    方法は、3ステップ

    ステップ1; つま先を一歩前につけます。
    ステップ2; つま先を手前にひきます(床をこするような感じで)
    ステップ3; お尻をあげて、すわりなおします(足はそのまま)

    どうですか?
    背筋が勝手に伸びてませんか?
    その状態で、腕を動かすと、楽に動かせませんか?

    足の筋肉と顔の表情筋は、背中側を通して繋がっていますので、背筋がのびると、顔がたるみにくくなります。
    座るときは、ずっとではなくとも、こまめにこの姿勢になるように3ステップを行ってみてください。

    詳しくはこちら