はりきゅうマッサージReLife



ブログ

ブログ

  • 膝の痛みは、運動と鍼灸を

    お世話になっております。
    はりきゅうマッサージReLifeの岩元です。

    本日は、タイトルにあるように膝痛に関してです。
    膝痛は、日本人も一生のうちに経験することの多い痛みの1つです。

    特に年齢を重ねると多くなる傾向にあり、変形性膝関節症や半月板損傷などがそれにあたります。
    こうした膝の痛みがあると、動きたくない・外出したくなくなり、筋力が衰え、膝の痛みの改善に影響することが知られています。
    確かに膝が痛いと歩くのが億劫になります。

    そんなときは、鍼灸をしてみませんか?
    変形性膝関節症の痛みなどに対して、鍼灸が有効であるとする報告は、日本でも海外でも多くあります。
    痛みを抑える投薬治療や装具なども方法の1つですが、それでも治まらない痛みや副作用を気にする方には、 鍼灸は選択肢になると思います。

    また運動も有効であるとされています。
    体を動かしたくないという気持ちは分かりますが、運動による効果は大きいです。
    色々な運動がある中で、水中ストレッチや筋トレが最適なようです。

    筋トレといっても、重いものを動かす必要はなく、軽い筋トレで十分なようです。
    今年発表された報告では、50歳以上の膝痛患者さんを対象にした筋トレ効果では、
    低強度と高強度で痛み軽減の比較を行うと、
    両者に差がないことが分かったようです。

    低強度の負荷とは、自分ができる最大の重さの30%程度を15回程度×3セットを週3回行うのが目安のようです。
    例えば、前ももの筋肉を鍛える運動で、30㎏が最高ならば、9㎏の重りで15回×3セットとなります。
    これならば、自宅でも工夫すればできなくはないと思います。

    低強度の運動と鍼灸の組み合わせで、嫌な膝の痛みを解消するのを目指しませんか? いつでもご相談ください。

    詳しくはこちら

  • 生姜で冷え性を緩和

    お世話になっております。
    はりきゅうマッサージReLifeの岩元です。

    本日は冷え性に関する話です。
    冷え性を訴える方は多く、男性よりも女性に多い傾向があります。
    また冷えを感じる部分も、足だけ・手足だけ・全身・お腹だけなどのタイプがあります。
    こうした冷え性を緩和する方法はテレビや雑誌などでも取り上げられていますが、
    昔から有名な食べ物として「生姜」があります。

    この生姜による体を温める効果は本当か?を研究した報告があります。
    冷え性を訴える女性19名に、生姜10g・生姜20g・偽物の生姜を別々に飲んでもらいます(カプセルにしたもの)。
    すると、生姜10gを摂取したら、安静時と比べて、体温が1時間後には約7%・2時間後には約8%・3時間後には約6.5%の増加を示したとされています。
    また生姜20gでは、1時間後11%増加・2時間後12%増加・3時間後約9%の増加となっていました。
    人間工学.2009;45(4):236-241.

    しかし、この体を温める効果は、体の場所で異なることも報告されています。
    体幹部に比べ、手足の温め効果は弱いとされています。

    そのため、体幹部は生姜でしっかりと内側から温め、手足や首などは外からの保温と内側から温める鍼灸などがおすすめです。

    冷え性は万病の元という言葉もあります。
    簡単には治らないかもしれませんが、気になったら改善に向けて行動することをおススメします。

    冷え性でお困りなら鍼灸を活用しましょう。

    詳しくはこちら

  • 新型コロナウイルスのワクチン 現時点での情報まとめ

    お世話になっております。
    はりきゅうマッサージReLifeの岩元です。

    本日は、日本でも始まった新型コロナウイルスのワクチンに関する情報をまとめてみました。

    2021年2月現在、ワクチンは3種類
    ファイザー
    モデルナ
    アストラゼネカ
    で、いずれも2回の接種(接種間隔は異なります)が必要で、筋肉注射となります。

    ファイザーとモデルナは、コロナウイルスの手足(スパイクと呼ばれます)のメッセンジャーRNAという遺伝子情報を投与しますが、
    アストラゼネカは、スパイク遺伝子が体の中で発現するように誘導する情報を投与します。

    ワクチンが開発されると、その効果を調べるために臨床試験というものが行われます。
    これは、実際にヒトに投与して効果や安全性を調べるものです。
    2回目の接種が済んでから7日または14日後までに、PCR検査や症状の有無がないかで調べられています。
    副反応(副作用)については、接種後2ヶ月程度の調査がされています。

    すべての臨床試験で、ランダム化比較試験という方法で実施されています。
    これは、接種を受ける希望者に、本物と偽物(プラセボ)を投与するグループに分ける際に、無作為に選ぶという方法です。

    それぞれの結果を書いていきます。
    ファイザーの場合
    16歳以上を対象に、米国、アルゼンチン、ブラジル、南アフリカ、ドイツ、トルコで実施
    ・ワクチン投与群21,720 人、プラセボ投与群 21,728 人
    その結果、・COVID-19 を発症した 170 人中、ワクチン投与群は 8 人、プラセボ投与群は 162 人
    これより、COVID-19 発症に対す る 有 効 性 は 95%(95%信頼区間 90.3–97.6)
    副作用は、本物を投与した方に多く、65歳以下と以上で分けると、65歳以下の方が副作用の出現は多かった。
    日常生活に支障がでる副反応は、1%以下

    モデルナの場合、
    18歳以上のアメリカを対象に実施。
    ワクチン投与群 15,210人、プラセボ投与群15,210 人
    ・COVID-19 発症者はワクチン投与群で 11 名(1,000 人年あたり 3.3、95%CI 1.7–6.0)、プラセボ 投 与 群 で185 名(1,000 人年あたり 56.5、95%CI 48.7–65.3)
    ・COVID-19 発症に対する有効性は 94.1%(95%信頼区間 89.3–96.8)
    ・COVID-19 を発症し重症化した人は 30 人で、全てプラセボ群(有効性100%)
    副作用は65歳以下に多いが、重篤な例はプラセボと変わらない。

    アストラゼネカの場合
    18歳以上の英国、ブラジル、南アフリカで実施
    ・ワクチン投与群5,807 人、プラセボ投与群 5,829 人
    ・COVID-19 を発症した 131 人中、ワクチン投与群は 30人、プラセボ投与群は 101 人
    ・COVID-19 発症に対する有効性は70.4% ( 95% 信 頼 区間 54.8–80.6)
    ・標準量 2 回投与群における有効性は 62.1% ( 95%CI41.0–75.5)
    ・初回は低用量、2回目は標準量を投与された群における有効性は 90.0%(95%CI 67.4–97.0)
    副作用は、ワクチンと関連ありとされた重篤な例は1人

    アストラゼネカのワクチンは、有効率が低い傾向にあります。
    これは他の2つのワクチンと仕様が異なるためかもしれません。
    またこれらの臨床試験の結果だけでは、まだ不明な点も多いので、もっともっとデータが必要ですし、
    そもそも日本人に通用するかも分かりません。
    コロナウイルスの死亡例は、海外と比べて日本は低い傾向にあるので、ワクチンに関しても違いがあるかもしれません。


    また今後の報告がでれば、まとめてみようと思います。

    詳しくはこちら